スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Overnight stop

先週末、1泊で秋田に帰った

ここ数年いつもそうなのだけど

実家に帰ると、しばらく気分が塞ぎます(笑)

母ちゃんが確実に年老いていくことや

ましてこの時期、

過酷な雪国でひとりきりの暮らしぶりを見れば

想うところありすぎて

精神がダークサイドにいってまう



そういうわけで、秋田自慢です。

(流れおかしい。)


s-DSC_0119.jpg

暗いな。

帰った日(1月14日)は、日本海地方は大雪で

引き返すか、仙台空港に向かうこともあるとの条件付きで飛び立った秋田行

またか。またなのか。

またずんだ餅を買うのか。(そこか?)

と思ったけどちゃんと秋田空港におろしてくれました。



s-DSC_0122.jpg

すっぽり雪に埋まる我が家。

寒い。携帯を打てない。

手をポッケから出して耐えられる時間わずか30秒



s-DSC_0150.jpg

ども。実家猫のミックです。


s-DSC_0146.jpg

ジロー、小次郎、ミック 

3匹ともの写真を見たことがある友に言わせれば

わたしはミックに似てるらしい

なるほど。いちばん、華が無い(笑)


s-DSC_0139.jpg

だけどミックは、3匹の中でいちばん頭がいい!と思う

いちばん頭がデカいしなw

呼んだら返事するし、会話が成立するんです

なんかもう、猫をかぶったニンゲンだ

あ、それは私か



s-1326578396-picsay.jpg

半ば強制的に食べさせられるきりたんぽ

母ちゃんは、鶏ガラからダシを取るので、

真空パックのスープとは全然違う。まいうー。


s-DSC_0159.jpgs-DSC_0160.jpgs-DSC_0162.jpg

ダダミ(タラの白子)のおつゆ、ハタハタ、パックのままの馬刺し

ハタハタはあるじも大好きで

ぶりこの入ってないハタハタなんか、ハタハタじゃねぇ、

秋田沖以外のは喰わねぇ、

くらいのツウですw

ハタハタって漢字で書くと「鰰」

魚の神。名の示す通りじゃ。



s-DSC_0179.jpg

翌日、雪かきしました

もうしばらくやらんでいいってくらいにやったけど

容赦なくまた積もるのが雪である。。

つららで


s-DSC_0181.jpg

サグラダファミリアを作ったそうです byあるじ


並べただけやんけっ



s-DSC_0166.jpg

ではミック、

もう帰るね。。


ミックはにくきゅうがピンクだなぁ

うちのニャーズはどっちもどす黒いのでw

あぁ猫らしいなぁ~と惚れ惚れ。

にくきうキング。

あ、ミックは男です

おじいちゃんです



帰るたびに、母がひとまわり小さくなったように感じる

この年代の女性にしては162cmと大柄なのだがw

雰囲気が。どんどんちいさくなっていく

この小さくなっていく感じが

たまらなく切ないのだが

しかし!

弱っていく姿だけってわけでもないのです

うちの母は、すんごく肌がキレイなんですよ

ちょっと写真撮ってきたので見てくださいw

s-DSC_0183.jpg

64歳のスッピン。照れにより多少赤めw

ここ1~2年で、さすがにシミはできてきたけど

このドアップに耐えられるのは

恐るべしだ

ためしに、自分の顔、このくらいの距離で撮ってみたら、

驚きの汚さに眩暈と吐き気がしましたから。

神様はなぜこのDNAをわたしにくれなかったですか。

ま、いいや。

別の何かスバラシイDNAをもらったと

信じてる。


あっというまに金曜日

ダークサイドからそろそろ出て

酒盛りでもすっかー。日本酒買ってきた♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダークサイド、、、なんかわかるような気がします。私も親のところに行くたびに、かなり凹みます。親が年老いていくのも辛いものもあるのですが、私のばやい、それ以上に自分の不甲斐なさみたいなものに情けなくなるような、なんとも説明できない複雑な気分です。

ミック君美猫さんですよ〜。暇人さんもお母さんも美人に間違いない!

No title

yokeeeさん
同じです。説明できない気分です!
自責の念か
罪悪感か
それでも実家から出たことに後悔は無く
よう分からん感情に押しつぶされそうになります・・
子どもは親孝行できなかったことを悔やむのが世の常だと
きっとみんなそうだと他人巻き込んで精神復活させる卑怯者です(笑)
それから暇人も母も美人ではないことだけは間違いない!です
かーなーしーw

No title

私も昨日母の病院に付き添ったんですが
暇人さんやyokeeeさんと同じような気持ち・気分になりました。
なんなんでしょうか。あれ。ものすごく気持ちがわるい感じ。
付き添った私の方がまいってしまいました。
まさにダークサイドですね^^;

おじいちゃんミック、可愛すぎる~。
"いい子"って顔に出てますね^^
それからお母さん、肌めちゃめちゃ綺麗!!
色白でハリはあるし、シワはないし
さすが秋田美人★

No title

なんかいつもコメントもらってるどなたか!な気がするので
さらっと返信しますw

やはりダークサイドいってしまいますか!
ある程度歳をとった親を持つ子はみな心が折れるのでしょうか。。
なんかもう80歳くらいになったら心が強くなれそうなので
ぜひそのくらいまで長生きしてほしいですw
ミックは女子に間違われるんですがw、もうだいぶおじいちゃんで
最近はトイレ失敗したりするみたいです
おじいちゃんとおばあちゃんが仲良く暮らしてるみたいで
やっぱり猫の存在は偉大です。
暇人は肌がダメダメなので、今の64歳の母の肌に余裕で負けてますw
かーなーしー。

No title

あーまたやってしまった…(>_<)
私です。↑makonakoです。
バレてました?笑
毎度毎度すみません^^;

お疲れ様でした

記事を読んで、せつなさを共有しました。
私もこの冬、老父と一緒に除雪作業をしてきました。
家は市内中心部ですが、除雪車の入らない小路に面しているので、
ほぼ車が出せない状況です。なのに、県外ナンバーが「近道」だといって、
後先考えず進入してくるのね。近所の人総出で、動けなくなった車を押し、
その車のために雪をかきます。これを繰り返していて、泣きたくなりました。
雪国の生活のせつなさって、温暖な地方の人には実感できないと思います。
私もあの地に残っていたら、おかしくなっていたでしょう。
母が入院していて、1か月に1度帰省を繰り返していますが、
帰省のたびに「申し訳なく」思うのです。これは生涯つきまとうのかしら。

いくらなんでもコメントがダークすぎるので、食物編。
だだみ!懐かしすぎます。子供なので食べませんでしたけど、
食卓にいつもあがっている汁物でしたね!
はたはたは昔は安くて、(木の)箱買いしていたものでした。
1人で5匹とか食べてたのに。まさかこんな高級魚になる日が来るとは。
京都でもたまにみかけますが、あまりに痩せていて哀れですw


No title

makonakoさん
でしたか!笑
いいのですいいのです、
このブログにコメント下さる方はあまりいないので
もうみんな知ってるかんじで(笑)

ともたろさん
帰省直後はダークな思考でしかものが書けそうになかったので
少し間をおきましたw
母の暮らしと、今ここで進行形の自分の暮らしとの狭間で
想うところはたくさんありますよねー
きっと、近くにいても、あるのだろうなぁと
人のハナシを聞いて思ったりもしました。
あと、雪は暇人の心を揺るがすようですw
雪を巻き上げて走る電車にすら、涙が出そうになってw
ここの人もモノもなんて強く、たくましいのだ!と
誇らしくなりました。
あ、私はよくバス停で寒くて泣いてたヘタレですけども!
プロフィール

暇人

Author:暇人
Welcome to FREEDOM!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。