スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満足度50%

日曜日、

関西のフレンチの巨匠が営むオーベルジュ、

すなわち

宿泊施設付きレストランに

コネ?ツテ?でかなり割安に泊まれるというので

友と1泊してきました


s-IMG_1094.jpg

神戸北野ホテルです



s-IMG_1074.jpg

一度泊まってみたかったので


s-IMG_1076.jpg

とても嬉しかった



s-IMG_1061.jpg

外観も内装も、ドストライクです

風呂はジャグジーですよ


ここにはフォーマルとカジュアルのふたつのレストランがあり

フォーマルな方はドレスコードがあります

s-IMG_1111.jpg

こんなかっこなんで

カジュアルの方でお願いします(笑)




s-IMG_1081.jpg

前菜。

暗いよね。

写真だからじゃないの。ほんとに暗くて料理見えなかった(笑)

彩りも楽しむもんじゃないの、フレンチは?

とりあえず写真はやめー。


前菜に始まり、魚料理がきて肉 って思い込んでたんで

シャンパン→白→赤でよろしく。って最初にお願いしたん

ところがメインは魚or肉から1品!で

ちいさな肉の塊をアテに

白も赤も飲み干さねばならず

口の中、ややこしかったわ

つうか

ぜんぜん足りひん!

パンを何度ももらうヒモじい客w

なんやー。安く泊まれたのは

フルコースじゃなかったからなのか

ふーん。

オーベルジュが聞いてあきれるわー

(安く泊まっておいて文句をいう最低の客w)



そして空調を消しても暑くて暑くて眠れず

2月に窓を開けて寝るという

摩訶不思議な夜を過ごし

この宿の一番のメインである朝食にむかう


s-IMG_1097.jpg

シェフの師匠さんがロワゾーさんという人で

世界一と賞されるロワゾーさんの朝食を

忠実に再現したのだそうです

はい、こちらー


s-IMG_1101.jpg

そんなにパン喰えるかっ!

って話ですけども

食べきれない分は包んで持たせてくれます


ちなみに宿泊しなくてもこの朝食は食べられます

4600円で。

・・・・・。


昔、イギリスの田舎で泊まったB&Bの朝食に近いなと思った

たっぷりのパン、たっぷりのカフェオレ、何種類ものジャム、

卵料理にベーコン。

あとにもさきにも

それ以上の朝食に出会っていない

1泊3000円くらいでしたけどね。



期待値が高すぎて満足度低し。

なにごとも

期待しすぎると

ええことない



せっかく三ノ宮いったんで

南京町によって

s-IMG_7557.jpg

パイナップルケーキなど仕入れてきました

雑貨屋めぐりもしたかったけど。ゼニが。

今、暇人は、すんげお金かかることがあって

っていうと怪しいなw

割安だったとはいえ

家から1時間もない神戸に泊まってる場合じゃなかったなと

今猛烈に反省ちう(笑)

たいしたことなかっただけに、余計に。(笑)

あ、そういう言い方はよくないな。

3万くらい払える人は

おなかいっぱいになって、楽しいんじゃないすかね

(いささか投げやり。)



s-IMG_7509.jpg

お昼過ぎには家に帰ってきて

ニャーの寝顔をみれば


s-IMG_7511.jpg

おうちが一番ですなー 


s-IMG_7515.jpg

まったくわたしは

フレンチにいい縁が無い(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暇人

Author:暇人
Welcome to FREEDOM!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。