スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italia③ Roma e Vatican

ナポリからローマに戻り

待ってましたの晩ごはん

歩幅が10cmくらいのおじいちゃんと

腰が曲がったおばあちゃんが印象的な

SANTIというリストランテへ。

s-IMG_1262_20120715080424.jpg

ダイナミックな生ハムメロン。

うますぎるわ


s-IMG_1265_20120715080424.jpg

ボンゴレビアンコ

パスタは柔らかめ。生パスタなのかな。


s-IMG_1266_20120715080424.jpg

イカと海老のフリット


ほぼ満席の店内で

メモもとらずひたすら暗記でオーダーをとるおばあちゃん

ちゃんと頼んだもの全部来たし(1回まちがったけどw)

すごいなーと感心していたら

いざお会計のとき

で、お客さん、何食べたっけ? 

ええええ!!適当すぎるわ!


だけど安くておいしかった。

おなかいっぱいで眠りにつきました。


翌朝、チェックアウト後、ホテルにスーツケースを預け、

地下鉄1日券を買って繰り出しました

朝からガンガンの日差しです・・


IMG_9740.jpg

トレヴィの泉

IMG_9737.jpg

あまりに有名で

何度も何度もテレビで見てるけれど

想像を遥かに超えたド迫力で

なんならローマでいちばん鳥肌立ったの、これかも。

百聞は一見にしかず

って本当だな

残念ながらこの写真も、迫力は伝えられないのだろう



それでは今回の旅の最大の目的地、ヴァチカンへ

宮殿が美術館(博物館)になっており

これに入場しようとする人の列に、驚愕

ルーブルやエルミタージュの列とは比にならん

過去最高の行列だわ

まぁ、そう聞いていたので

暇人はネットで予約していった

大行列の横を、エクスキューズミーつって涼しい顔で抜け

待ち時間なしで入りました


IMG_9757.jpg

入ったら入ったでこの混雑・・・

なんの祭りやねん


IMG_9777.jpg

でも確かに壁から天井から

隅々まで圧巻の美しさ


IMG_9787.jpg

いろいろなテーマをもった「間」が続く

これはタペストリーの間


IMG_9820.jpg

ラファエッロの間

「アテネの学童」ていう超有名なフレスコ画ならしい


ローマ市内の教会もそうだったけど

イタリアはフレスコ画がすごいね

壁や天井に絵を描くんやね

ルネッサンスやね (→適当)


そして満を持して

システィーナ礼拝堂へ。

ローマ教皇を選ぶコンクラーベが行われる場所

特別な場所ということで

写真も私語も禁止

ミケランジェロの「最後の審判」をはじめ

なんじゃこりゃーーーな

壮大なフレスコ画

たとえカメラOKだったとしても

収まらんわ。


次なる神聖な場所は

サン・ピエトロ大聖堂

カトリックの総本山ですね

わたしは「大聖堂」マニアなのだが

なんていうか

この大聖堂は

IMG_9855.jpg

美術館の中でお祈りしてるみたいに見える・・・



ひとことでいうならば・・・

IMG_9860.jpg

派手やな。


全世界のカトリック教徒の皆様、申し訳ない。



IMG_9868.jpg

天窓も

ゴージャス


好みかどうかは別として

「別格」であることを痛感する、見事な大聖堂でした



IMG_9887 - コピー

隠し撮りシリーズ①

おそろいのシャツと半ズボンがむっちゃかわいい!!

3人と思ったら

おとうさんの横にもうひとりいるんだよん。



IMG_9910.jpg

広場から見たサン・ピエトロ大聖堂


IMG_9888.jpg

黒服はイタリア人、ピエロ服はスイス人

なんだかめんどくさそうだわね~?とおせっかいな想像をする。



ヴァチカンを背に

てくてく歩くと


IMG_9918.jpg

サンタンジェロ橋から見たサンタンジェロ城(ややこしいわ)


またてくてくと歩いて

実際には

迷って迷って


IMG_9921.jpg

ジェラートで英気を養う

暑くて食欲なかったのでこれが昼ごはんとなる。


生き返ったのでまた歩いて

IMG_9922.jpg

やっとたどり着いた・・・ナヴォーナ広場

四大河の噴水ほか、3つも噴水があるよ

天使と悪魔で唯一助かった噴水じゃな


疲れたな。地下鉄乗ろう。

最寄の地下鉄はどこかな

地図を見てガックリ

軽く1km先やがな


テンション急降下

もはや足が自分の足ではないほどに疲れていたが


IMG_9929.jpg

フェラーリショップを見つけて


IMG_9930.jpg

F1マシン飾ってあったら入らずにはいられないF1バカ夫婦

※撮影許可あり


瀕死寸前で、地下鉄駅に到着

IMG_9933.jpg

そこはかの有名な

スペイン坂であった


大きな声では言えないが

暇人はローマの休日ちっともおもしろくなかったクチなので

あの階段登ると思うとゾッとするわ、

という感想しかなかったです


はい、地下鉄にのって、A線からB線に乗り換えましたら

IMG_9937.jpg

B線の車両はやたらファンキーであった


次は駅近物件だよ!(不動産かよ。)


IMG_9938.jpg

コロッセオ。

また入場の行列。30分くらい。


観光客の数が半端ないってのもあるけど

行列の原因の半分は

イタリア人のやる気の無さだな

大人2枚ください、はい24ユーロです、

お金出す。おつりもらう。入場券もらう。

たったこれだけのやりとりに

なぜ5分かかる。



怒ってはいけない

これが、イタリアなのだ


地下鉄でホテルに戻りスーツケースをピックアップ、

再びユーロスターに乗り込み、

花の都フィレンツェに向かいます


★旅のメモ帳より

・暑い。痛いほどに。
・信号のない交差点は、待ってたら一生渡れない
 でも一歩踏み出したら100%止まってくれる(轢かれる覚悟。)
・持参した湿布を早くも使い果たす
・キューピーコーワゴールドが全く効かない
・ヴァチカンの黒服セキュリティがかっちょよすぎる
・スイス衛兵はエリートらしいがあの格好をしている限り尊敬でけへん
(ミケランジェロのデザインらしいが)
・地下鉄に乗り込んでくるパフォーマー、イタリアではマイク持参・・
・ジェラートがこの世で一番おいしい食べ物に感じた
・サラリーマンはおらんのか?
 (スーツ姿をまったく見ない)
・パスタ茹ですぎちゃうん
・イタリアのヤングな女性は東洋人並みにスレンダー(ただし巨乳。)
・標識の矢印通りに進んでも目的地につかないトラップだらけの街
・人だけでなく機械もノロい

つづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

暇人

Author:暇人
Welcome to FREEDOM!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。