スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italia④ Firenze

s-IMG_1274.jpg

駅は座るところがぜんぜん無いから

ホーム前に人がごった返してる


IMG_9708.jpg

フィレンツェへはローマからユーロスターで1時間半


駅に山ほどいる教えてあげましょうか詐欺を避けてきたのに

列車に乗り込む際に

手伝いましょうか詐欺にうっかり荷物持ち上げてもらってしもた

金銭を要求してきたが

気迫でやりすごして無事出発


フィレンツェのサンタマリア・ノヴェッラ駅から徒歩でホテルへ

かばんの中がオレンジジュースまみれになっていて

がっくり肩を落とす。

(キャップの緩み。)



暑さで脳みそがビール。ビールくれビール。


s-IMG_1276_20120715120341.jpg

ラザニア食べた。

他にもまた生ハムや魚介のパスタ食べた

ドルチェも食べた

水牛のモッツァレラがスーパーうまかった。

だんだん写真撮る気力なくなってきた・笑

(というか今回の旅で私は食べ物しか撮ってないのだが)



翌朝、チェックアウト後また荷物預けて

IMG_0040.jpg

ドゥオーモへ。

日曜日だったのでミサ中で

一般開放は午後13時半からと言われる


IMG_9969.jpg

テレビなんかで見るフィレンツェのドゥオーモは

茶色のイメージだったけど

実際には、壁は色とりどりの大理石の幾何学模様である


IMG_0043.jpg

ジョットの鐘楼に登りましょう


IMG_9979.jpg

ノーエレベイター。

しんどすぎます


けど、階段の後にはご褒美があるわけです

IMG_0026.jpg

んふー。


IMG_0030.jpg

疲れふっと・・・ばないけど最高!


IMG_0012.jpg

隠し撮りシリーズ②

美男美女カップルも階段で息切れ



IMG_0018.jpg

隠し撮りシリーズ③

観光客の質問にめっちゃダルそうに答えてる係員



ドゥオーモは午後にまた来るとして

フィレンツェは徒歩でほとんど回れるというので

またてくてく歩きました


IMG_0053.jpg

ヴェッキオ橋。

これでもここ、橋の上


IMG_0052.jpg

建物が途切れたところから見たまた別の橋


IMG_0056.jpg

なんかこう・・・ふつうよね。

フィレンツェは上から見てなんぼやね


s-IMG_1283.jpg

ヴェッキオ橋自体は、なぜか貴金属店ばかり

金銀の世界に興味がないので


IMG_0059_20120715133920.jpg

ジェラート屋を物色してまわる容疑者X


いっぱい店あったのに。

容疑者Xはボッタくられてしまった

IMG_0063.jpg

中で食べたら?と言われ

いやー助かる、暑いし足痛いし!

のこのこテーブルに座ったら

エアコン無しで外より暑い・・

やっぱ歩きながら食べようぜって、店を出ようとしたら

コベルト(いわゆる席代)を4ユーロづつ要求され

(アイスは2ユーロ)

高すぎるやろ!と思ったけど

なんでやねん!アホか!とイタリア語で言えなければ

負けなのです

合計12ユーロのアイスになりました


くっそーーーーーー

数々の○○詐欺を乗り越えてきたのに

最後の最後に

ジェラート屋ごときにぼったくられるとは!


IMG_0065.jpg

少年よ、ぼったくらない大人になりなよ・・・

など思いながら

路地に腰掛け、ジェラートを食べたのであった



怒ってはいけない

これがイタリアなのだ


少し悲しいけどね



午後になり、ドゥオーモに戻ったら

これまたすごい行列・・・・

いよいよ疲れが最高潮に達していた我々は

中に入らず帰ることに。

ホテルで荷物をピックアップし

ローマ行きのユーロスターに乗り

しばし暴睡。


最後の宿は

IMG_0079.jpg

もー、暇人からしたら超高級ホテル!

いまだかつて泊まったことない部類!笑

翌朝の飛行機が早かったので

空港直結のホテルに泊まることにしたのだ


空港ホテルなのでそれほどラグジュアリーではなかったが

これまでの安宿とは違うねぇ

だいたいフロントが仕事早いもん

やればできるんじゃん!


空港に晩ごはん調達しにいったけど

ローマ空港は基本、チェックイン後にしか店ないのな!

しかしローマ市内までは30分かかるし・・・

しょうがないから

s-IMG_1288_20120715120341.jpg

ヒルトンディナー。


s-IMG_1286_20120715120341.jpg

なんせホテルは涼しいのでw

やっとブドウ酒飲む気になった

ワインリストでいちばん安いワインを。

おいしかったーーー

上機嫌のままフカフカベッドに滑り込んだが

蚊に6ヶ所も刺されて全然眠れんかった・・・

(あたしだけ。顔含む。)



帰りこそ!

フランクフルトでビール飲むぞ!

と鼻息ブンブンでおったのに

出発Delayのうえに

フランクフルトでは到着ゲート変更で滑走路に長時間待機

じぇんじぇん時間が無くなったのであった

せめて、せめてお土産にビールを

と免税店に駆け込んだが

まっさかまさかの

ビアー無し

ええええ!ドイツのくせに!?


s-IMG_1289_20120715120340.jpg

飛行機の缶ビールmade in Germanyで

旅を締めくくったのでした。



★最後のメモ帳

・いちご買ったら半分以上腐ってた
・竹之内豊はいないが東洋人が多い(フィレンツェに)
・コーラの炭酸が10分で抜けてしまうのはなぜ??
・ガラガラなのに離れ離れの席になるシステムクオリティの低さ
・アルデンテって日本の概念?
・なんでユーロスター10分早く着くねん
・親切は有料。
・Siは連呼。(Sisisisisi。そうそうそうそう、みたいな?)
・またしてもフランクフルトでビールが飲めないなんて。
・イタリアだからってフェラーリいっぱい走ってるわけじゃないのな
・いちばんのぼったくりは、携帯の海外パケホーダイ(4日間でパケ代1万。)
・1年分の紫外線を浴びた
・英語力の低下が著しくて凹む
・めんどくさいからツアーにしようかなーと一瞬思ったけど
 やっぱり旅は自分の足で移動してなんぼ
・イタリア人だめだめな風に言ったけど
 歩行者最優先の懐の深さとかは認めないとね
・日本に帰ってきたらあれもこれもオートマティックで
 すごいっしょ、日本すごいっしょ。と外人に自慢したくなる
・つまるところ、外国を旅することは、日本をもっと好きになること


おしまい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー、すんごい駆け足で私もイタリア旅した気分しさせていただきやした
ありがとうございます。

私も来年ぐらいには、猫以外のネタでブログ報告したいもんです(笑)

No title

yokeeeさん
これでもゆっくりゆっくりだったんですよ(笑)
やっぱり国境越えはすばらしいな!と思いました
もうすぐ疲れてしまうんですけど。
そして1晩寝たくらいじゃ回復しないんですけど。
さて、また、地味に労働です!(笑)

おかえりなさい

暇人さんのイタリアレポ超おもしろかったです!特に最後の1口メモが。
私も旅行直後にたまっている不満や疑問、今度からメモしておかなくちゃ。
1年後には忘れてしまいますものね。

7月のイタリア、さぞかし暑かったでしょう。よく伝わってきました。
今は寝たきりの母と、(たぶん)最後の海外旅行をしたのが夏のイタリアでした。
暑くて暑くて、数分歩くたびに、高い屋台の飲物を求めたのを覚えています。
母は聖霊高校の寮生だったので、バチカン一帯にありえないくらい喜んでくれました。
宿も奮発して、バチカン広場の付け根みたいなところにあるホテルをとりました。
年をとると(私の場合ね)いい宿にとまって、不満すくなく旅行したくなりますね~。
といいつつ、この夏はドイツで37ユーロの宿に数泊してきます!

Re: おかえりなさい

ともたろさん
ありがとうございます!
旅中は疲れてしまって日記のような文章をしたためるのは困難!
ということで
ホテルのメモ帳に思ったこと箇条書きしていきましたら
案外おもしろかったです(笑)
ドイツ行かれるのですねー!
暇人も行きたい~、だってビール飲めてないですもん!笑
旅レポ待っております!!
プロフィール

暇人

Author:暇人
Welcome to FREEDOM!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。